(秋山の個人的な感想)2004年のNASAの予算案に関する報告書です。コロンビアの事故というのは、NASAの今後を大きく変えていくエポックメーキングな事件になりそうですね。もちろんチャレンジャーの事故も、アポロ1号の事故も、人命損失を伴う大きな事故でしたし、それによって内部は大きく変わりましたが、いずれもプロジェクトの継続が歌われました。今回の事故は、プロジェクトを中止することは有りませんが、新たな宇宙往還機に着手する契機になったり、そもそもアメリカの宇宙開発のビジョンを問う契機になったりと、ここが分水嶺になりそうです。

, FY 2004 NASA Excerpts (part 1)

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です