本日はNASAとのJSM2日目。昨晩たらふく飲みまくったので、日本チームとNASAチームはすっかり仲良しである(笑) NASAチームにはNEARで実際に探査に参加していた人達も多いため、小惑星を初めて探査する日本チームとしては非常に参考になる話が聞けた。特に僕の担当部分である小惑星の形状認識のところでは、ライダーとカメラの連携をどのように取っていくかなど、実際的な話が聞けた。これははやぶさでの探査で大きく生きてくるに違いない。やはり、こういう話を一つとっても、探査は経験と、そして顔つき会わせてのディスカッションが必要不可欠だと思う。とすると、やっぱり宇宙研とかと距離的に遠いといろいろと難しいんだよなぁ。
とか言いながら、今月はあと一回上京もあったりして、かなりの確立で都内近辺に存在してるんですけどね、僕(^_^;
秋田に帰ってくるとすっかり落ち着くようになっちゃいました。

<今日のご挨拶>

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です