能代の商店街を歩いていると、向こうから筑波大のロケットチームの学生達がやってくる。商店街の店舗の中では、秋田大・COREが指導する高校生チームがロケット作りに勤しんでいる。一昨日は一チームが地上燃焼試験を実施し、昨日は筑波大・秋田大がハイブリッドロケットの試射をした。今日はまたもう一チームが地上燃焼試験を成功させた。明日の朝は5時から、東海大のロケットチームが打ち上げに備えて測量をするらしい。お昼を食べに入った食堂では、学生達が”今日の打上は 云々”などと議論をしている。
こんな、「非日常的日常」が、能代の街中で展開している。これはすごいことだ。そしてそんな状況を作り出せたことに、ちょっと感動する。とか言うと我田引水過ぎだな(^_^;

>非日常的日常

投稿ナビゲーション


>非日常的日常” への2件のフィードバック

  1. 勤務の関係で、秋田ロケットガールズのあとすぐに帰ってしまったkamiyaです。東京ロケットガールズは大成功だったそうで、秋田に焦点をあてていた私としては、うれしさ半分、うらやましさ半分と言った気分です。でも、私なんかよりも、秋田の高校生たちのほうが、ずっと、ずっと、複雑な気持ちなんだろうと思います。
    成功するまでおっかけるからな!絶対あきらめるなよ!!

  2. 後輩たち自由勝手に頑張りなさい、と言ったもののホントに自由勝手にやってるとこっちとしては寂しいもので、いらぬ口を出しに明日から行きます(-_-)
    クワバラと二人、1台レンタカーを借りているので必要とあらばお呼びください(クワバラを)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です