NASA’s Mars Rovers Head for Exciting Landings in January" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)NASAによって行われている火星の地質探査は、私もメンバーとなって進めている日本の月着陸探査計画における地質探査ときわめて同質です。From the Earth to the Moonの中にも出てきますが、岩石をただ拾ってくるのではなく、どこに何が露出していたのか、どのような分布だったのかという”コンテキスト”を読み解くのが非常に重用となります。そこにも出てきますが、”猫の死骸”からだけではその猫がどうやって死んだのかわかりませんが、”道路脇に転がる猫の死骸”となると、その理由は推測可能でしょう。それが、”コンテキスト”です。今後の惑星探査では、このような”コンテキスト”を無人探査機によってどのように読み解くのかが重要な鍵となります。我々日本のローバ探査チームはこの重要性を数年前から考え、検討を進めてきました。まだ日本の月着陸探査計画が実施されるかどうかは予断を許しませんが、私としては是非実現できるよう、がんばっていきたいと思っているところです。応援してください。

NASA’s Mars Rovers Head for Exciting Landings in January

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です