えー。LUNAR-Aが正式に中止と決まったわけですが。
私の周りの在る領域の部分の人達は、多かれ少なかれLUNAR-Aによって人生が変わってきた人達なわけで、関わりのない僕がこんな事を書くといろいろと複雑な思いが去来するのだろうけど一言だけ。

『今、探査機という巨額プロジェクトを議論しないでどうする』>マスコミ・納税者

LUNAR-Aを叩けと言ってるのではないので、念のため。ロケットの打上失敗したときや衛星の運用失敗したときというのは、そこでやいのやいの騒いでも仕方がない部分というのも在ったりするわけで。関係者も全然頭廻らないだろうしね、バタバタしていて。しかし、今回のは、関係する人達がもう考えに考えて、下した結論なわけです。そこから関係者が学んだ多くのことを、社会全体が深く理解し、次の行動のための礎とすべきなのでは?とすると今こそマスコミも納税者もこの問題に関して、情報を入手し深く議論すべきなのだと思うわけですが。そーいう流れになって、初めてLUNAR-Aは”日本の”探査計画だったと言えると思うのです。
でも全然この問題はこれで終わりっぽい雰囲気ですな。で、ここでこんな事を書くと、傷口をえぐるなよ、なんて言われたりするとちょっと悲しい。ちゃうちゃう、それはちゃうのだよ、ワトソン君。うー。

・LUNAR-A

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です