全種類の試験設備を備えている大学はない。
1ヶ月以内:メンバーを作り、過去のデータをリストアップ、使用希望のアンケートを行う。
1年以内:データベース化(公開)、ルール作り(審査するシステム)、成功例を作る、大学外施設へのアポイントメント
それ以降:リスクを伴う保証を考える、UNISECが新たな施設の提供を行う、メンバーの引き継ぎを行う等。
効果:予算不足の解消、研究の活性化、密な交流が図れる。

・Aグループ 試験施設の共同利用の整備

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です