2翼あれば憂いなし、観測衛星の太陽電池に新型導入へ" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)ん???・・・・・・うーん;システム設計の要は、冗長性を持たせると言うことです。太陽電池パネルが1翼だと、冗長性が持たせられません。だから2翼にして冗長性を。。。ってことだとは思うんですが、、、ホントにそれが冗長性になるのかはよーく考えてみる必要があると思うんですが。例えば、仮に1翼でも配線を冗長設計にするとか、接合方法に冗長性を持たすとか。2翼のほうが良いならそりゃそれで良いんですが。なんか安易な気もするなぁ。。。

2翼あれば憂いなし、観測衛星の太陽電池に新型導入へ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です