そいや今年のUNISON代表の一人が、「男は黙って背中で語る」と挨拶してたけど、うん。そだねぇ。そうできることは実に立派だ。
そういう意味では、君も僕も同じ土俵の上なんだなぁとつくづく思う。学生とか教員とかそういう仕切はあまり意味がない。あいつも頑張ってる。おいらも頑張ろう。そういうエールだね。

光あるうちに、光の中を進もう。
我々の進むその先が、照らされて在ることを、切に願う。

・黙

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です