は、日本が宇宙開発にこれからどう向かうべきか?という「考え方」です。また、その「考え方」に則って、戦略的な企画立案を出来る組織をまずは作りましょう、と言っています。
" data-lang="ja">Tweet
提案したことは、日本が宇宙開発にこれからどう向かうべきか?という「考え方」です。また、その「考え方」に則って、戦略的な企画立案を出来る組織をまずは作りましょう、と言っています。
" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

しかし、例えばこれは学生への教育でも良くあることなんですけどね。「結局、先生は何をしろって言ってるんですか?」とか、「じゃぁ○○やればいいんですね」とか、言い出したりします。それを聞くと何だかなぁと思うわけで、全然思想を理解してないよね、君、と、小一時間説教をするわけですが(笑)

というわけで間違えちゃいけないないのは、どう転んでも、我々の提言書から「じゃか○○の分野で衛星は何機上げて」とかいうような、数字だけが一人歩きする総花的な計画が出てくるなんてことはあり得ないですよ?ということです。

日本の宇宙開発の方向性として「自立可能な産業化」「そのための官民一体による海外市場の開拓」が提言書の主旨です。次ぎに来るべきは、「具体的な「企画立案組織」「市場開拓プラン(パッケージ戦略等)」の設置・立案・遂行でしょう。それが出て、ようやく開発すべき衛星が何機で、実利用の試験衛星が何機で、とかが出てくるはず、です。違いますかね?

・間違えちゃいけないこと念のため記載。有識者会議で我々が提案したことは、日本が宇宙開発にこれからどう向かうべきか?という「考え方」です。また、その「考え方」に則って、戦略的な企画立案を出来る組織をまずは作りましょう、と言っています。

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です