えー。最近、まぁ忙しくて手が回らないというのもあり、こちらがお留守になっていて大変申し訳ないのですが、先日も書いたとおり、例の有識者会議の任期は8/31で切れました。
で、宇宙政策関係の仕事からお役目ごめんかと言えば別にそういうわけでもなくて、まぁ各所からいろんな質問とか相談も受けることもあるし、それよりなにより、こちらからも色々と意見発信はしています。特に僕の場合は本業の宇宙教育研究所の業務の一環として、「宇宙教育開発や宇宙政策・宇宙観光の提案」というのがあるので、まぁ業務の一環でもあるわけですが。
有識者会議の任期切れ末期の頃に、宇宙基本法ではもう1年も前に実施していなければ無かった体制件等に関して議論がありました。その議論に基づいていろんな話しが既に動いていて、メーリングリスト等でも流れていますが、例えば9/10に惑星学会が日本の科学探査に関して議論を行います。松井先生・私なども「旧有識者会議メンバー」として参加します。すなわち、旧有識者会議としてもこれを後押しするような形になっています。我々の意図は、「様々なコミュニティーで、例えば最初から月ありきとか、小天体ありきとか、そういう個別議論ではなく、コミュニティー全体を考えて様々な重み付けを行うような議論が出来る場・雰囲気を醸成していく必要があり、今回のものは宇宙科学に関するプロトタイプになっていくと良いな」と言ったところです。
が、主催者側が「議事は非公開、事後のプレス発表も無し」と決めてしまったので、こちらとしても主催者に意向を尊重している状況です。
9/10の会議そのものは主催者が「公開しない」としているので我々がとやかくいう話しでもないのですが、しかしもう一つ上位レベルで、「そもそも何故そのような会議が開かれたのか」といった部分に関しては、9/10の神戸で、あるいはその前後に都内で、松井先生に記者会見を実施していただく準備はあったのですが、「でもどのぐらいそれに対して要望があるんだろう?」という点で現時点では話しがストップしています。(私の所には2〜3社からは要望が上がっていたんですけどね)
とりあえず時間もないので、明日、東京でやろうかと思っていた記者会見は辞めましょう、と言う話になっています。

そこで質問。とりあえず有識者会議が終わって、今後日本の宇宙開発の体制論に関してどうなっていくと良いと我々サイドがどのように考えて終わったのかに関して、記者会見を希望されますかね?希望される場合は、こちらのツッコミに記入いただいてもokですし、あるいは私宛にメールいただいてもokです。要望が多数の場合、開催準備を進めますので。よろしく御願いします。

ちなみにこれは、現行の組織体制とそれを規定している法令、および留意すべき重要項目を描いた図です。

・記者会見の希望は?

投稿ナビゲーション


・記者会見の希望は?” への1件のフィードバック

  1. 記者会見を希望します。記者会見がなかったとしても、旧有識者会議メンバーの意見は公表されるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です