熱帯降雨観測衛星を運用中止に、宇宙機構が打診受け入れ" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的で勝手な感想)また、結局これはこのような結果に終わったようです。もちろん様々な、私も知らない理由が有るのかも知れませんがとお断りした上で、個人的で勝手な感想を言わさせて頂きます。これは、JAXAよりもユーザー側に問題有り、です。”国内外の研究者から運用継続を求める声が相次いだ”のは私も知っていますが、それに対してJAXAが出来ることは、そりゃ”宇宙機構の担当者が渡米して対応を協議”することぐらいでしょう。で、結論から言うと、”金捻出(ねんしゅつ)のめどもたたず、米側の提案に合意した”のは当然です。欲しいよーと求めたらお金が落ちてくるわけはありません。それを欲しがる人がちゃんととってくることが重要です。それをJAXAに求めるのは、変だと僕なんかは思うんですが、僕が間違ってますかね?そして、ユーザがそうやってちゃんと自分の役割を果たし、その資金を預けられたJAXAが、プロとしてちゃんと衛星運用をこなす、と。それが正しい役割分担じゃないかと思うのです。反対に、声だけあげて資金的な裏付けをしないで、”JAXAが運用を中止したっ!”といわれても、そりゃJAXAがかわいそうという物だとも思います。もちろん、今回の運用中止は僕も非常に残念だとは思いますが、しかしこのアプローチじゃ結果は見えていたなぁと言わざるを得ないです。

熱帯降雨観測衛星を運用中止に、宇宙機構が打診受け入れ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です