酸化剤に旋回を与えることによって、燃料交代速度を増加させる為の研究を行っている。高々度を目指した1500N級のハイブリッドロケットエンジンの開発を目指している。長時間燃焼を目指すために、機体酸素から液体酸素への変更が必要。しかし液体酸素を直接噴射すると性能が低下している。そこで液体酸素を燃焼室に入れる直前に気化させたい。その為の方法として、プリバーナー方式を検討している。ふーん。液体酸素中で燃えるのがなんか不思議。というか、実験中に爆発しないのかとか結構怖い実験じゃないのかな、とか思ったり。

・液体酸素中でのPMMAの燃焼による気体酸素発生の可能性について(首都大 熊澤さん)

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です