SEEDSの打上失敗後に初めて聞く発表。SEEDS2号機の打上計画が進んでいるとは聞いていた。SEEDSも打上が遅れに遅れて学生達が卒業してしまったらしいが、2号機では技術継承が課題か?CANSATの製作を3機行い、技術力を着々とアップさせている事がわかる。ARLISSでは昨年と同様のミスをしたとのことでこのあたりは改善の要有り、みたいだ。
キューブサットはSEED2号機のみならず、SPROUTの製作も行っているとのこと。がんばれー。開発機関は2005年11月スタートで2009年に打上を希望。アマチュア無線衛星として打ち上げ。
質疑応答で、インドに衛星輸出(打上のために搬出)するときの注意点などがあった。

・活動報告(日大 有田さん)

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です