歴史あるプロジェクトなので内容に関しての説明は割愛。そろそろ打つのが疲れていたという話しもあるが(^_^; 今年も頑張ってくれた模様。件数は昨年と同じで3件。今年はUNISON会議で、外部からの発表以来を受け手の発表の場合も、UNISEC所属大学の紹介があれば、このプロジェクトの対象として若干の支援をすることを決定。高校生はプロジェクトの体験談、失敗から何を学んだかなどに興味があるらしい。

・母校訪問プロジェクト(筑波大 山口さん)

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です