僕:”ほら、これ、触って御覧。こっちが月の表側。こっちが月の裏側。さわり心地が違うでしょ?何が違う?”
子供:”表側がすべすべしてる。裏はでこぼこ”
僕:”そだね。どうして表側がつるつるなんだと思う?”
子供:? 
僕:この答えは引っ張っても面白くないので、さっさと教える。”これはね、昔は表側もぼこぼこだったんだけど、その後で溶岩が流れたからこんなに平らになっちゃったんだよ”
子供:へぇ、と言いながら模型に手あかをなすりつける;
僕:”じゃぁさぁ、どうして表側だけ、溶岩が流れたんだと思う?”
子供:”どうして?”
僕:”それはね、まだ誰も知らないんだよ。君が大きくなったら調べてね”
子供:なーんだ、こいつ、偉そうな顔して知らないんじゃんか、っとちょっと馬鹿にした表情
僕:あわてて”ああ、それからさ、このクレータ、触って御覧。クレータってどうやって出来るとおもう?”
子供:小馬鹿にしたような表情を見せつつ、”隕石がぶつかって出来るんだよ”←何度も書くが、この知識はかなりメジャー
僕:”そだね。でもさ、そしたら穴が開くだけだよね。でも。。。ここ触って御覧。クレータの真ん中に、山があるよ。ほら、このクレータにも。ほら、このクレータにも。どうしてぶつかった後に、こんな山が出来るんだろう?”
子供:ここでミルククラウンの話を持ち出してくる子供は秀逸。なめてかかっていると、毎回1人ぐらいはそんなすごい奴が居る;やっぱり、最初からなめてかかってはいけません(^_^;
僕:”す、すごいね。良く知ってたね(^_^; じゃ、じゃぁさぁ、そうすると、この真ん中の山(中央丘)は、深く穴が開いた後で、穴の底のところがぐぐぐっと盛り上がって出来るんだね。そうするとさ、ここの山に行くと。。。掘らなくても月の深いところの物質が出てるって事だよね?”
子供:ちょっと考えながら、そかなぁ、と思っている
僕:”だからさ、ここに行くと、深いところの物質が手に入るんだよっ!でね、あそこのポスターを見てごらんっ!”とおもむろにSELENE-Bのポスターを指さす。”今度ね、日本の探査機がこの中央丘に行って、月の深いところの物質を調べるんだよ。すごいでしょっ。さ、ポスター見ておいでっ!”
・・・ふっふっふ。これでSELENE-Bのシンパがまた一人増えたな。予算はまだ付いてないけどさ(笑)<SELENE-B

・月の模型ネタ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です