ヨーロッパ各国・南米と、1ヶ月超に渡る旅がようやく終わろうとしています。各地の在外公館の皆様には、大変御世話になりました。様々な会合・講演もさることながら、飲みながら語り合った事を一生覚えていると思います。
世界中のいろんなところで、様々な人達が、それぞれの幸せを大切にしながら、楽しく語り合っていましたね。
生きてるってすばらしい、と思いました。
色々と報告や提案などもありますが、またそれはおいおい。
皆様と世界に、心からの感謝を込めて。

・旅の終わり

投稿ナビゲーション


・旅の終わり” への1件のフィードバック

  1. あきあきさん、もうすぐお帰りなんですね。お疲れさまです!
    わたし、昨夜は、浅草で、お店の軒先で飲んだり食べたり、そこの通りは全体がそんな感じで、解放されてて、昭和な感じで、老若男女わんこもみんなゆるく、みんな気持ちよく出来上がってて、笑い声でやたら賑やかで、そこで語り合い楽しかったです。あきあきさんのHPを読ませて頂いて、タイのチェンマイのバザールや、ロンドンのダウンタウンのパブや、ソウルの郊外の焼き肉やさんで、色々な人と同じように楽しい時間を過ごしたこと、思い出しました。地球の平和な所だったらどこにでもある景色、それはこれ以上の幸せないって思いました。
    あきあきさんのファンだけど、私の星にはいつも関心があったけど、宇宙にはあまり興味がありませんでした。
    ある時、宇宙船から地球を撮った写真をぼんやり眺めながら、私の心の真ん中にいつもこの写真を置いておきたいなって思いました。
    自分の心の中は、自分の外から眺めないと本当の姿が見えないように、この星も、中にいたら本当の姿が見えないし、心の中に、外から眺めた地球がいつもあったら、地球と宇宙と繋がれると思ったのです。
    そして、私は地球の一部みたいな感覚でしたが、宇宙の一部なんだ、宇宙って、どんなものか全くつかめないけど、それを知れば、日々のささやかな営みが、更に輝くんだろうなって思ったのです。
    そういう意味で、宇宙を知ることは、とても大切なお仕事だと思いました。
    あきあきさんの目指していらっしゃるところは全く別の次元にあると思いますが、私は、いちファンから、これからは同志のような気持ちで、あきあきさんを応援させて頂きたいと思いました。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です