太陽と地球形成の新しいシナリオ" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)ちょっと前は光学の研究から惑星科学を、現在は木材の物性から材料工学を研究している私ですが(どんな転身や;)、研究をしているとふと、目の前の現象だけにどんどん視野が狭くなっていくことがあるんですね。そう言うときに、こういう話を読むと、ああ、そう言う大局的な学問の目的を明らかにするための一つのツールとしての今の個別の研究課題を考えなきゃ、と思います。こういうモデルだとどういう風に進化が起こるのか?そしてそれはどのようにここの現象に現れてくるのか?そう言う始点に立ち戻らねば、と思ったニュースでした。

太陽と地球形成の新しいシナリオ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です