夕方に秋田を出て、次の日の夜にはまた秋田に戻るとか言う強行スケジュールで呉まで行ってきましたが、しっかり大和を造船したドックとか大和ミュージアムも見てきました。疲れた。
大和ミュージアムは良かったです。何が良かったって、大和に関係した人の写真とその紹介がずらっと展示されていたこと。人生を3行に圧縮するなっ!っと思われるかも知れませんが、大和という不特定多数の代表だった物が、特定多数の集合体になってくる。一人一人の生きた人間の顔になってくる。一人一人の人生になってくる。その多くの人達の人生と、日本の歴史を重ね合わせたときに、いったい何が見えてくるのだろう?何が築かれて来たのだろう?そして何処に進んでいくんだろう?そんなことを考えさせられました。
個としての人ではなくて全体としての人類というのか、上手く言葉が見つからないけれども、学生にプロジェクト活動をさせて学ばせたい事って、でもやっぱり最終的にはここなんだよね。個としての満足感に埋没する時代に、個を捨てて全体のために生きろとは言わないけれども、全体の中の個を見いだせる自分を見つけて欲しいんだけど。なかなか難しい。
でもそれは大和の時代にも難しかったんだと言うことを、再認識させられた1日でした。明日からまた頑張ろう。いや、今日から頑張らないと仕事が終わらないんだけれども。
うー。(T_T)

・大和ミュージアム

投稿ナビゲーション


・大和ミュージアム” への86件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です