土星の衛星エンケラドスに大気 「生きた衛星」の可能性" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)確かにこの滑らかな表面は、宇宙空間に曝されていた時間が短かったことを証明していると思います。すなわち、火山活動によって表面に溶岩が流れて、クレータ痕を消し去った?しかし直径500kmなのに生きてるというのは、イオ同様に朝夕力による内部加熱が熱源なんでしょうね。こちらにもうすこし詳しい表面写真があります。この表面写真も興味深い。溶岩が流れてこんな地形になるのかというとちょっと疑問。

土星の衛星エンケラドスに大気 「生きた衛星」の可能性

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です