国産軽飛行機開発の夢、大空に散る" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な哀悼)国産といっても、韓国のお話です、念のため。日本国内で航空機開発が一時期中断されていたことは御存知の通りですが、隣国の韓国に於ける航空機産業の置かれていた状態というのは、戦前・戦中・戦後を考えると我々日本人も大きな関係のあった出来事かと思います。様々な困難な状況があり、その中で文句を言うことに情熱の大半を傾けるのではなく、コツコツと個々人に出来る事からだんだんとその困難な状況を覆すべく努力をしている人達が、日本にも、韓国にも、そして世界中に居ます。プロジェクトXみたいな嘘っぱち物語だと、そう言う人はみんな報われてハッピーエンドですが、そうじゃない場合だって多々あります。我々に出来ることは、先人の活動に経緯を表しつつ、その屍を乗り越えて一歩一歩進んでいくことです。御冥福をお祈り致します。そして、彼の次を行く人達の御活躍を、心から応援致します。

国産軽飛行機開発の夢、大空に散る

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です