ロシアがシャトル事故の代替補給で、米に財政負担要求" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)例の事件以来、シャトル打ち上げが途絶えているわけで、代わりにこんなふうにロシアの貨物船での打ち上げが続いています。
そういう意味では今回のロシアの要求はまぁ正当だと思うんですが、しかし金額を見てびっくり。代替輸送費用だけで115億ドル、11兆1150億円っっ!!!先日の12億ドルなんて小さい小さい;
しかし、返す返すも残念なのは、日本がこれを請け負えなかったと言うこと。無人なのにね。ここで日本もステーションへの貨物輸送が出来るようになっていたら、全額でないにしても11兆1150億円もの宇宙関連特需が転がり込んできたわけですよっ!!しかも、無人で良いのですから、まさに日本向けだったのに。11兆n1150億円って言ったら、現在の日本の宇宙関連予算の実に56倍。もちろんこれで研究は進まないですが、回数も増えて技術力やノウハウはアップするだろうし、その分野にどかんとお金が落ちるから人だって物だってつけれるんですから。
そう考えると、やっぱり先立つものは内容じゃなくて、こういう風に宇宙に運び出すための需要作りではないかとも思えたり。
うーむ。しかしすごい金額だ。。。

ロシアがシャトル事故の代替補給で、米に財政負担要求

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です