シャトルの代替手段にカプセル型宇宙船も=NASA幹部" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)丁度、松浦さんの我らの有人宇宙船が届いたので読み始めているところなんですが、何ともタイムリーなニュースだと。マイケル・コステルニック氏が3月に発表したという内容を読みたいんですが、見つけ切れていません;ご存じの方、是非教えてください。
ところで松浦さんの”ふじ”本はまだ読み終わっていませんが、短いスパンで成果が上がる開発目標を設定してテンポ良く段階的にステップアップしていくという視点が、有人宇宙船に限らず日本の宇宙開発や惑星探査には必要不可欠だと私も思っています。ただそう考えると、進め方としては再突入の部分と打ち上げ時の緊急避難方法に関して、日本では実績がないですよね?海外ではもちろん実績がありますが、海外の技術が必ずしも日本で使えるわけではないですし、このあたりをまずは重点的に確認すべきじゃないか、と。再突入部分はいろいろと試験が始まっているようにも聞いていますが、脱出ロケットによる脱出のところは、小型ロケットでも実施可能だと思うのでこちらも進めるのはどうでしょう?

シャトルの代替手段にカプセル型宇宙船も=NASA幹部

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です