いつも更新してないんですが、定期的にチェックいただいて居る皆様、スミマセン。しかしそろそろ、我が国はじゃぁ一体、どの方向に向けて進むのか、コンセンサスの形成が必要な時期に来ているのではないか?と考えています。
宇宙基本法が出来てからこれまで、政権交代もあり、有識者会議もあり、様々な流れの中でまだ体制論が議論されています。しかしその先には、省庁横断的に議論が深まり、みんなが協力して目指すべき日本の宇宙開発のあり方が見えてこないと、ただの言葉遊びになっちゃいます。そこで現在、私も国内の様々な人達に御時間を割いていただいて、お話しを聞かせて貰いに廻っているところです。おかげでだいぶ頭の中がスッキリしてきました。
そこで現状を共有し、今後のコンセンサス形成に向けた議論の深化のために、これからしばらくここで意見や資料を出していきたいと思いますので、是非、お付き合いいただければと思います。また活発な御意見をいただければと思います。
目指すべき方向性は『進むべき方向性(理念)に対するコンセンサスの形成と、リアリストな観点での現状の正しい認識』です。理念に照らし合わせて現状がそれに合っていないことも多々あると思いますが、それを非難するとかそういう話しではなく、そこをどう乗り越えていけるのか、考えれると良いのですが。

こういった議論はオンライン・オフラインの両方で展開したいと考えているので、ネット上の議論に関するお知らせが上記として、お知らせ第二弾です。学生・若手の方々に、現状を踏まえた上で『どんな宇宙開発の未来を作り出したいのか』、議論を深めて貰おうと、「宇宙政策オープンゼミ」を来年1月15日に、CIC東京で開催することになりました。この「宇宙政策ゼミ」は昨年、東京・大阪でも開催しましたが、振り返ってみて僕が語りすぎたと反省しております(^_^;
なので今年は運営は学生に任せて、「話しを聞きに来る」のではなく、「参加者が自分の考えを語る」会合にしたいと思います。そのため、ベースと成る基礎資料等も事前に配布する予定です。詳細が決まり次第、またここのblogか和歌山大のIfESのサイトで公開しますので、是非御参加下さい。
それから上記のゼミ、マスコミの方々の御参加も大歓迎です。とかいうと「忙しいから最後にまとめて結果だけを聞かせて」とか言われることが多いのですが、ダメです(-.-)ボソッ。 過程から聞いて、是非、勉強して下さい。ちなみに先日、海外各国で様々な記者の方々から取材を受けましたが・・・・正直、日本の記者の方よりもずっと、日本の宇宙開発・世界の宇宙開発に関して勉強されてました、ホント。是非ここで一緒に、現状認識と今後に向けたコンセプトに関してお聞き戴き、御理解を深めて戴ければと思います。

さぁ、お楽しみはこれからだ。

・コンセンサス形成に向けて

投稿ナビゲーション


・コンセンサス形成に向けて” への2件のフィードバック

  1. まってました、あきあきさん。すてきですね、ご提案。
    あきあきさんは、どんな宇宙開発をめざしていらっしゃるのですか?あきあきさんを顕す場としての宇宙開発になったらいいなって思います。
    いまの過程があきあきさんで、その先にあきあきさんの目指す宇宙開発があって、着地はあきあきさんの思い描いたところ。それが、いいです。
    宇宙開発って、難しくてよく分からないのですが、あきあきさんのお仕事、すばらしいです。
    わたしの会社で考えると、仕事は、理があって答えはなく、自分の思ったようにやるのが、正解です。
    人のサポートを受けながらブレないで、何もないところから目の前のことをやっていくと、自分の進みたかった道になっています。感謝で、何か聖なる力を感じます。
    ひそかに夢は大きくて、自分の時間は限られていて、一歩一歩マイペースで、次にバトンタッチしてもらえるよう、これからの人たちとつながっています。
    指針は、「貢献」と「インティグリティ」、行うときのポイントは、いかに自分を手放せるかです。
    ふと思ったのですが、日本の宇宙開発が、他の国の為のものだったら、それは本物になるのでは?、、、そして、ノーベル平和賞もらうとか。
    私が仕事で体験しているのは、見返りを期待してやるのではないのですが、手放してやると、それ以上のものが与えられていて、そうでない時は、それなりで、人が喜んで、自分が承認できるときは幸せで、そうでない時は、それなりです。それが、世の中の仕組みなのかなって思います。
    答えはないのですが、私には、あきあきさんは、いま求められている人で、正解です。世の中を照らしつづけてください。そして、照らされてください。人を照らす宇宙開発であってください。応援しています。
    ずっと前、夜中の高速道路を東京から三重までひとりで運転していた時、月とずっと一緒でその月に照らされながら、人を内側から照らすのいいなって思ったこと、ふと思いだしました。

  2. コンセンサスの形成のために必要なものは何か?それはコンセンサスを形成しようとする人たちが自分の頭でものを考える人たちであることだと思います。
    敗戦からこちら、日本人は重要なことは全部アメリカに決めてもらっていました。日本人がものを考えなかった、と言うつもりはありません。しかし、少なくとも政治や経済の重要な方向性は全てアメリカの言いなりになってきました。本当はそこが一番頭を使う所で、方向性を決めてしまえばあとはルーティーンでやれてしまうことばかりなんだと思うのです。
    もし日本人が自分の頭でものを考え、アメリカの言いなりにはならん、と思える国民だったら、スーパー301条合意のようなことはあり得なかったでしょう。もし、あの日米合意が違ったものであったなら、日本の宇宙開発のありようも随分違っていたのではないでしょうか。
    ちなみに、はやぶさ2とからめた話しですが、そもそもなんで宇宙探査なんかやるのか?ということに対する答えを持つべきだと思います。アメリカがそれをするのは、他の国よりも先に宇宙や地球のことを理解することが、覇権を維持するために役に立つからです。我々の目的は何か?アメリカに頼らず、自分たちで目的を考え、それをコンセンサスにまとめあげて行きましょう。
    オープンゼミ、ぜひ聞きに行きたいと思います。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です