えー。大晦日〜正月明けはなんやかんやでバタバタしておりそれほど見れなかったんですが(^_^;、昨日あたりから落ち着いてイトカワ画像を見始めております。イトカワの画像はかなーり撮影されており、一応ほとんど?の画像は手元にある模様。研究者たるもの、ここは論文を書くことを念頭に画像を見て他の人と調整してと言うのが望ましいんだろうけど、んー。それより何より、まずはこの画像から得られる情報を見て、とにもかくにもそれを堪能する、と言うのも重要な気がする。ってなわけで、最初はメモしたり書き込みするんじゃなくて、いろんなステレオペアを取り出してきて写真画質で印刷して、立体鏡で見る。ううむ、すげぇ。
初期成果論文がサイエンスにもうすぐ投稿されて、3月とか4月には出ると思うんだけど、何処にみんなが着目してるかとかは書いちゃダメなんだろうなぁ。つまらん。でもまぁ、多分とりあえずは、みんながあの公開された画像を見て、”こりゃなんだ?”と思うような事がネタになるんですな、そりゃもちろん。他の小天体では見られなかった様な物であればなおベスト。僕が”こういう特徴が”と書くのはNGっぽいので、コメント欄で勝手に指摘して勝手に盛り上がって貰えるとよろしーかと思うので、もし興味のある人が居たらどうぞもりあがってください。僕が何かそれに関して一般情報以上の事をコメントすることは無いと思うので念のため(^_^; 誤解を招かないようにするため、”一般的情報”というのもかなーり控えめに見積もった一般的情報となると思うのでよろしく御願いします。とか書くと、誰も書き込みしないな、こりゃw なおそれでも書いてくれる奇特な方がいらっしゃる場合は、公開されている画像のURL併記でしてもらえるととても助かります。
ちなみにはやぶさの全データは、1年間の猶予期間の後、全て公開されることになっています。もっともこの1年間というのは、何処をスタートにした1年間なのかはまだ決まっていないらしいので大まかな目安ですが(^_^;
とりあえず僕はこれからしばらくは、自分の手で地質図作りに勤しむ予定です。

・イトカワ画像雑感

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です