久々に王立宇宙軍を見る。やっぱり面白い。
何が面白いのかと言えば、そこが我々がよく知っているようで、それで居て全然違う世界だから。お金の形は丸じゃなくて棒だし、服だってなんだかちょっと違う。使われている工具もなんだか違う。そしてそこはまだ、固まっていない世界だ。これからいくらでも変えられる、そんな世界だ。

どうして世界はこんなに四角く、綺麗になっちゃったんだろう?精確で安全でソフィスティケートされている。固い。白く綺麗な世界だ。そして、余りのつまらなさに窒息しそうになる。

形のない、まだ姿の見えない未来世界に、画ける自分のキャンパスがないか、一生懸命捜す。わずかな隙間に下絵を描く。色を塗る。四角く綺麗な世界の中で、昔の自由をうらやみながら、今の窮屈さを嘆きながら、何者でもない自分と、何物でもない未来を作る。でも多分、昔の人に言わせたら、別にそんなのは一緒だと言われるのだろうなぁ。。。

もうすぐまた暑い夏が始まる。走り出したら止まれない、暑い暑い夏が始まる。ちょっとは痩せるかな?秋口まで気力が続くと良いんだけど(^_^;

・まだ不確定な未来世界に

投稿ナビゲーション


・まだ不確定な未来世界に” への3件のフィードバック

  1. そうですね。沢山あるのは知っています。でもまだ見れていません。
    とりあえず、やらなきゃいけないことをやれる時間は限られているし、何時出来なくなるかもわからないわけで、出来る今の一瞬を無駄にしないで頑張ろうと思います。

  2. kamiyaです、突然ですが、ご協力いただきたくコメント致します。前にノーカさんが紹介されていた「庭から昇ったロケット雲」という映画が7月5日から公開になるのですが、秋田では上映されません。全国でも少ししか上映館が無いようです。
    http://www.rocket-gumo.jp/
    なんとか、秋田で見たい!DVDじゃなく、映画館で見たい!できればこういう映画に大ヒットしてもらって、社会現象にでもなってもらいたい!と切に願っております。私も何かできることが無いか、考えますので、秋山さんもご協力をお願いします!とりあえず、配給会社のアドレスは以下です。
    info@desperado.bz
    よろしくお願いします!

  3. この世の中にはあなたがまだ見ていない「四角で綺麗」ではないものも沢山ありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です