怒濤の週末が終わりました。
打上実験は1発目点火せず、2発目発射直後にパラシュートが開傘、3発目は点火直後に爆発。オクトコプターは自動着陸に至らずと散々でした。
しかしまぁ、様々な教育ツールを開発している途中の状態、また教育目的で学生が訓練している状態としては、非常に正直でリアルな感じだったかと思いました。
なお、Ustreamの映像は録画されているので、今からでも見れます。
非常に色々な実験を、バタバタとやっているのが見て取れるかと思いますので、御参考ください。

しかし・・・怒濤のスケジュールが終わって、今日からまた通常の業務です。
午前はIfES内ミーティングでバタバタと終了、午後には取材があったりで、また明日からの出張の準備とかで慌ただしいですが・・・
静かにオフィスに座って作業をしていると、なんだか「ぽっかり」感ですな。
能代イベントが終わって、みんなが全国に帰っていって、設置された機材も全部取り去られて、片付け終わった草原を見渡しながら、風車の回る音と風の音だけを聞いている、
なんかそんな感じと似ています。

仕事の充実感と、同時に犠牲にしてきた事に対する喪失感、なんですかね。
実際、失ったものの大きさとか真面目に考え出すと、気が遠くなりますな・・・・

ま、頑張ってまた今週も乗り切りましょう。
6/21の会期末までに参院での宇宙関連法の審議・通過が見込まれてますしね。
道が照らされて在るうちに、少しでも進んでいかねば。

・ぽっかり

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です