しらせ後継船の建造を 学術会議が政府に要望" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)いいなぁ。学術会議が、惑星探査の継続発展を政府に要望してくれないかな?(笑)いや、この記事は、南極探査がどれだけ科学の分野で広く浸透し使われているかを意味して居るんですよね。残念ながら惑星探査は、まだまだ辺境の一分野にすぎないんです。ただ、惑星探査は今後、非常に多くの分野を巻き込んでいける可能性を秘めているわけで、まずはその部分を掘り起こしていかないと、と思うわけです。ちなみにSELENE-Bのサイエンスチームは、最初からそこの部分も、大きな目標の一つとしています。この辺は私のサイトの本家で、きちんとSELENE-Bの説明を書き上げないとわかんないですね;いや、最近放心していたので、作業が遅れてまして(^_^; 鋭意努力致します;

しらせ後継船の建造を 学術会議が政府に要望

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です