(秋山の個人的な感想)現在、世界中に通信基地を持ち、宇宙空間を飛行する船と24時間の通信が可能なのはアメリカだけです。中国の今回の神船5号の打ち上げに当たっては、こういった通信船が世界中に配置されました。それでも、24時間の通信確保はできなかったようです。地上局の重要性が良くわかる記事かと思います。

「神舟5号」の観測船「遠望号」が全船無事帰港

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です