その観点から考えると、理事長が言われている「JAXA側がしていく」というのは非常にすばらしい考えである。しかし、である。志や良し、と思うけれども、それがホントにJAXAに出来るのか?というのが次の疑問。JAXAはR&Dに特化して作られ、育てられてきた機関である。そして有識者会議でも我々が提案したのは、「今後の日本の宇宙開発はR&D止まりであってはならない」ということだ。それをJAXAが出来るのか?少なくとも、ステーションや月探査、準天頂衛星に関するJAXA側の主張を聞いている限り、このR&Dの発想から全然出れていない。本気でJAXAが、今後も継続できる日本の宇宙開発に関して考えるなら、大きな方針転換・考え方の転換が必要だろう。

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です