一つ目はこれは自分にボケツッコミなんだけど、いや、すまんです。僕がはやぶさに係わっていたのは15年でしたね(^_^;
先日、テレビ記者さんが来たときに、小天体探査シミュレータの写真を見てたら日付が1995年。あちゃー。15年も前か、これ。とか思ってしまいました。いやはや。もっと若いつもりだっただけどなー

>4Kデジタルドームシアター用映像の撮影?!
ところがどっこい。昨日、帰ってきた撮影スタッフが挙動不審。「4Kドーム、期待してますよー」と言ってみたら、「いやぁ。。。。撮れてるかなぁ・・・・」・・・・(-_-^ 何ですと? というわけで、撮れてるかどうか、僕も不安です。撮れてることに期待。

>総理大臣が国会で、はやぶさ2にGOサインを出したそうですね。
そうみたいなんですけどね。。。。いや、実は強固に反対している人が居るようでして。おまけに彼がなかなかの重鎮でして(^_^; この件は非常に重要なので,また書きたいと思います。一つ重要な事は、はやぶさが戻ってきて一般の人達が盛り上がってるからはやぶさ2をやろうと言うことではなくて、はやぶさ2に意味がないなら何故意味がないのか、はっきり発言して貰いたいということです。誰が、どんな理由で、賛成なのか、反対なのか。これを明らかにしていかないと、いつまでたっても建設的な話にならないですよね。

>和歌山大学って、こんな教員や女子学生が作っている大学
・・・えーと。多くの人から「背景で女子学生の声が・・・」とコメントを戴いているのですが、あの声、うちの研究員(PD)の女性2名です。もちろんそんな教員や女子学生(男子学生)達で、和歌山大は作られているのですが。いや、ちょっと気になりまして(^_^;

>お金は出しませんが、厚労省からも応援しています。
個人的には誰からの書き込みか特定できる書き込みではありますが。いやいや、君は厚労省で頑張ってくれたまへ。それでまた、時々飲みに行きましょう。しかしあれだよねぇ。この年になると、同期もどんどん出世してますなぁ。。。

>事業仕訳なんて悲しいです
この点もなんか誤解が蔓延しているようなのですが、、、正直、民主党の方々、宇宙開発には反対してないですよ。むしろ成長戦略には宇宙開発、入ってきてますし。また文科省も、はやぶさ2には全然反対してないんですよね。なので、この点はね、政府も、与党も、文科省も、全然悪くないんです。ホント、悪くない。JAXAの経営陣も、この件に関してはまぁ悪くないというか、困惑してるのかなと思っています。はやぶさ2をやるかやらないかは純粋なサイエンス判断なので、そこまで口を出すべきか、躊躇しているのかと僕は感じています。で、結局どこで詰まっているかと言えば。。。。お恥ずかしい話しながら、我々探査(サイエンス)コミュニティーの中なんですね。「はやぶさ2なんてやるべきじゃない」という声が、しかもサイエンスコミュニティーを統括する部分に居る人から、今も強烈に出ているのです。なのでJAXAの経営陣としては「まぁサイエンスコミュニティーの意見がまとまらないならまとまるまで待ちますかね」になるし、文科省も「JAXAから上がってこないとどうしようも出来ないですな」になる(JAXAは独法なので、文科省があれやれこれやれとは実は言わない)し、与党も政府もどーしたものか、となるわけで。もちろん、ごり押しは出来ます。でも、一番わかっていると思われる現場サイドが意見をまとめてあげてこないのだから、専門家じゃない人達は、やっぱり躊躇しちゃいますよね?それが現在の状況です。

>・ドリフ人形劇の西遊記byピンクレディーですか
(T^T)ウルウル わかっていただけましたかっ! いやぁ、一番嬉しいな、其所に理解者が居たのがw  ま、お互い、年がばれますけどねw

いくつかのツッコミにお返事

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です