なんか、最近寝過ぎ(^_^; 風邪はすっかり良くなった、と言いたいところですが、はながずるずる出るのと喉がイガイガするのは治らず。外に出て、冷えた空気を吸ったり人と話すと咳が止まらなかったりします。なんでやねん;今日は控えめに記事3つだけです;

<今日の御挨拶>

Post navigation


8 thoughts on “<今日の御挨拶>

  1. >EUにとって、今後の宇宙政策が重要になってきた、と言うことなんでしょうか?
    そういう要素も大きいでしょうが、European Commissionが自分のいうことを聞いてくれる多国籍機関を「模範」として確立したかった、そのためにはESAは格好の優等生だった、という要素もあるやうに個人的には妄想します。
    日本にいるとニュースが流れないですが、この4,5年でヨーロッパは激動の時代を迎えています。
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/convention.html
    >「如何にして欧州市民、特に若者にとって欧州の将来設計や欧州の機関を身近なものにしていくか」
    >「如何にして拡大EUにおいて政策と欧州の政治分野を構成していくか」
    >(ハ) EUの諸機関の民主性・透明性・効率性の確保
    あたりが時代を読み説くキーワードかと。
    http://domino.lafgo.gr.jp/Lafgo/Lshimin.nsf/0/9ba749aee1f77e2c492567780038d465?OpenDocument
    なども参考になります。
    >White Paper on European Space Policy
    へぇ、こんなのがでてたんですね。ちょっとGoogleってみると
    http://europa.eu.int/comm/space/index_en.html
    http://europa.eu.int/comm/space/articles/news/news78_en.html
    The Space White Paper makes specific and concrete recommendations for guaranteeing Europe’s independent access to space, enhancing space technology, promoting space exploration, attracting young people into careers in science and engineering, strengthening European space science and fostering competitiveness.
    いやはや、akiakiさんのページって、勉強になります。

  2. いえいえ、参考文献などの御紹介、どうもありがとうございます。日本の宇宙開発は日本政府にとって”模範”だったはず何ですけどね、一昔前は;

  3. こんなニュースも。EUも悩みは深いようですね。
    http://www.spacedaily.com/news/satellite-biz-03zzzg.html
    http://www.spacedaily.com/news/esa-general-03za.html
    http://www.spacedaily.com/2003/031126200427.hn0ufp57.html
    続けて読むと、EUの思惑が透けて見えてくるような気も…しないか。f^^;
    政府予算を戦略的に投入することを正当化する材料を探しまわっている気がするんですがなんとなく… 10年単位で…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です