ふーむ。秋は良い季節ですなぁ。先日、大館のストーンサークルなんぞも見てきまして、縄文人もこーやって寝っ転がったのであろうか?と寝っ転がってきました、遺跡の傍で。こーやって寝っ転がってずっと過ごしたいなぁ・・・<ただの怠慢(笑)世間では天動説がどーのこーのとか、地動説がどーのこーの、ともめているようですね。良いです。もめてください、せいぜい。こんなの、教科書がどーのこーのとか、そんなこと言ってる段階で話がずれていると思います。夜空を見上げる畏敬の念が無くなっているのが原因です。多くの人は、地球が廻ってようが太陽が廻ってようが、いっこうにかまわないと思っちゃってるんです、ってば。

<今日の御挨拶>

Post navigation


2 thoughts on “<今日の御挨拶>

  1.  1kgの二酸化炭素を地下封入する作業が何キログラムの二酸化炭素を発生するのか、が、けっこう重要だと思うのですが記事には書かれていませんね。次は、数千年後に「過去●●年間に渡って●●大陸の地殻に封印してきた二酸化炭素が先日の地震に伴う大断層で一気に噴出して気候が大激変………」というような事態を避ける手だてがあるのか(そもそもそんな事態の発生する可能性があるのかどうか)について有識者の御意見を賜りたいところです。これは二酸化炭素の深海投棄案についても同様。
     もっともっと未来(億年単位?)、太陽がもうすこし熱くなって地球の大気中の二酸化炭素濃度が植物が生きられないくらい低くなったころに役立てるべくいまから貯蓄にはげむ、という考え方が個人的には最も好き。でもそれだけ長持ちする頑丈な金庫は何処に?
     わけわからんツッコミですみませんでした。

  2. うむ。さすがに研究者らしい定量的な評価ですね。ツッコミはいつでも大歓迎ですよ。もちっとまったりとだらだらと、ツッコミ漫才をやりたいんですよ、ホントは(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です