昨晩から鼻水が止まりません。喉も痛いし足も冷たく、なんだか寒気もします。これは花粉症なのか風邪なのか?Agnusさんによると”花粉症は喉に来ない”とのことなので、風邪なんですかね?まぁしかし、計ってないけど多分37度ぐらいの微熱がずっと続いて居るんだと思います。体力消耗するなぁ。。。というのを言い訳に、がつがつ食っています。そりゃ太りますね。それはそうと、サイドブレーキの使い方に関するアンケートをまだ受付中なわけですが、どーも組織票が動いていますね。サイドブレーキを使わないと言う票だけが着実に増えて行ってます。それに対してコメントでは”当然使うでしょ”という意見ばかりです(笑)これは私に最初この疑問を抱かせた人も”ちょっと変だねぇ”と言っておりますが、真相はいかに?まぁ遊びなので何でも良いのですが。だいたいの傾向はわかりましたから。みなさん、御協力どうもありがとうございました。

<今日のご挨拶>

Post navigation


7 thoughts on “<今日のご挨拶>

  1. 「嫦娥」の首席科学者に任命されている欧陽自遠氏が中央電視台の番組で発言:
    月面の太陽エネルギーに注目、月面には太陽を遮るものは何もなく、ほとんど無制限に太陽エネルギーパネルを設置でき、また月面の表面には100万−500万トンのヘリウム3があるとされ、中国の通年の発電量で必要なものはヘリウム3が8トン、現在の技術からみて、一度に地球に持ち運べる量は13トンと考えられ、その可能性の大きさを強調した。
    ・・・なんと中国の月探査の目的はヘリウム3であったのか!

  2. MAOさんお久しぶりです。
    ヘリウム3に関してですが、個人的にはそれは眉唾というか宇宙開発関係者が時折かますおおぼらだと認識しております(笑)国際宇宙ステーションの建設が始まるちょっと前のアメリカの宇宙開発関係者は、良く”月のヘリウム3を利用して云々”などという事を言っていました。
    しかしよーく考えてみてください。核融合炉は未だ実現されていませんし実現の目処も立っていません。しかも月面のヘリウム3なんて月面上では何処にでもありふれた存在ですから、ヘリウム3を探しに行くなんて言うのは順序としては逆で、まずは核融合を実現してから言うべき話でしょう。でも、この手のエネルギー問題ははったり効かす内容としてはまぁ使いやすいんでしょうね。
    ちなみに太陽発電の場合は、月では2週間の夜が続きますから、効率が悪いです。おまけに地球への送電時にもロスが多すぎます。それならそれで、京大の松本先生などが提唱している地球周りの巨大な太陽発電衛星計画の方がまだずっと効率的です。

  3. 今、文春文庫の「日中宇宙戦争」を読んでいるところですが、ここにも「地球周りの巨大な太陽発電衛星計画」の話が出てきました。日本の宇宙開発の目的はここに置くべき、という提言として。
    しかし、中国。これまでは軍事優先で機密に進めてきた宇宙開発でしょうが、これから先は国民の支持がきっと必要と判断したのでしょう。だからわかりやすいエネルギー問題を引き合いに出してヘリウム3と絡めてぶち上げた。
    白髪三千畳のお国だけあって、こうした政治的なプロパガンダは上手いものです。日本の科学者はまじめすぎる。たまには大法螺かまして国民を元気づけ、夢で遊べるくらいの迫力が欲しいですね。

  4. >「嫦娥1号」プロジェクトについては、欒・局長は、実施作業段階に突入後、最高の技術を投入して衛星及びロケットの建造に取り組んでおり、打ち上げ成功を十分に保証するほどの作業レベルを維持している
    >「嫦娥1号」は中国初の月面探査計画としての威信がかかっていることもあり、中国としても完全に自国の力だけでプロジェクトを成功させたい
    >米国、ヨーロッパなどから共同探査を希望する声も上がっており、こうした海外の動きを鑑み、2期、3期プロジェクトでは海外との協力を考慮していることを示唆
    ていうような情報ですが、日本は中国との共同探査を考えていないのでしょうか? 技術でもいろいろ提供できるものもあるでしょうし、日中友好の名実を上げるいいプロジェクトだと思うのですが。

  5. フレーム転送というのは、ユーザビリティの観点からあまり好ましく無いように思われます。というのも、フレーム内でコンテンツ間を遷移してもブラウザのアドレス欄が変化しないことからユーザーに混乱を招きやすく、またコンテンツ固有のURLでもってブックマークできないからです。そもそも、フレームに対応していないブラウザではコンテンツを閲覧すること自体ができないという、アクセシビリティの面での難も発生してきます。本質的な解決策の提示ではないものの、一応コメントさせていただきました。

  6. akiakiさん、初めまして。野尻さんの処からやってきました亀どんと申します。
    ところで、akiaki.infoドメインのDNSの設定変更は可能でしょうか?
    akiakiさんの朝日ネットのURLは固定IPオプションで取得されていると推測いたしますので、その固定IPを、www.akiaki.infoのAレコードに指定することで解決するものと思われます。
    余談ながら実は自分も自前サーバを朝日ネットの固定IPで運用しているのですが、ドメイン名についてはIIJmioのシンプルDNSというサービスを利用して運用しております。以前は自前でDNSを運用していたのですが、シンプルDNSはブラウザにて簡単に設定でき、自前でDNSを運用していた頃よりもはるかに楽です。
    ただ、akiaki.infoドメインの転送サービス会社が、IIMjioのようにDNSの設定変更を認めていないと、この手は使えないのですが・・・

  7. >kazuさま
    はい。ご意見ごもっともだと思います。が、Yuri’s nightみたいなちょっと公式っぽい物を引っ張ってくる場合、ちょっとでもわかりやすくした方が良いかなぁと思った次第です。スポンサーが付けばYuri’s nightのドメインをとるのですが。来年は頑張ります。
    >亀どんさま
    おおお。そんな手がありましたか。それだと根本的に問題が解決できそうですね。私は現在お名前.comのドメイン転送サービスを使っておりますが、そのようなサービスが出来るのであればIIMjioに変更する気大ありです。本日よりちと地質巡検に出てしまいますので、来週半ばに秋田に帰ってからチャレンジしてみたいと思います。どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です