平成19年度から、2年任期のUNISECの学生理事が交代する。UNISECの学生理事といえば、中村君や、成田君、和田君等々、僕も大変御世話になり、また年齢差を超えて尊敬してきた面々が名を連ねてきた要職である。その学生理事に、今年度は東海大の堤君、秋田大の小林さんが選出された。
UNISECは八坂先生・中須賀先生・松永先生・川島さんなど、多くの人達が大変な苦労の末に作り上げられた、学生による宇宙開発を支援する組織である。僕はそんなUNISECの活動に感銘を受け、後発で参加した部類である。当初は秋田大に籍はあっても自分が教える学生はおらず、多くの大学で進められる学生達の自主プロジェクトを羨望の念で見るだけだった。
それが今年、とうとう秋田大から、学生理事が誕生する事になった。もちろん小林が学生理事に選ばれたのは、彼女の努力と才覚の賜である。しかし、教員側としては・・・やっぱり感無量である。佐伯先生から受け継ぎ、秋田大で育ててきた宇宙へ向かう学生達の情熱が、今、一つの結実を迎えようとしている。秋田が学生達の宇宙開発の、一つの拠点となった、そんな風に思ってしまう。ここまで来れたのも、土岐センター長を初め、多くの人達の協力があったからだというのは言うまでもない。そしてそれより何より、小林だけでなく多くの学生達の努力と情熱があったからに他ならない、と心から思う。
もちろん、重要なのは学生理事に選出されたことではない。学生理事として、これから彼女が何をしていくのか、何を残していけるのか、そして秋田大のメンバーが、どうやって彼女の活動をサポートしていけるのか。それがもっとも重要なポイントである。しかし、そんなことはもはや僕が彼女や他のメンバーに言うまでもあるまい。本人達が一番良く理解していることだと思う。
秋田大の学生諸君。もはや君達は、僕が引っ張って宇宙を目指している訳ではない。イコールパートナーとして、ある時は僕と全く違う視点で、違う行動力で、僕を引っ張っていってくれる局面が、これからはどんどん増えてくるだろうと思う。もちろん僕もまだまだ引退する気はないし、君達に負けるつもりはないけどさw
これからの、学生のみんなのますますの頑張りに期待しつつ、心からお祝いを述べたいと思う。おめでとう。小林さん。堤君。そして、これからもよろしく。

・UNISEC 学生理事決まる

Post navigation


One thought on “・UNISEC 学生理事決まる

  1. 番外編(笑)
    センター長との会話。
    akiaki:いやぁ、小林、ホントに学生理事になっちゃいましたねぇ
    センター長:なんにせよ、トップに立つのは大変なことだよねぇ
    akiaki:しかしあれですな。我々は教員でも平会員だから、これから小林には理事会での情報とかどんどん入ってくるけど我々には入ってこないわけですよ
    センター長:うむ。我々は下っ端だから仕方ないなぁ。
    ・・・・かくして新たなる秩序(ヒエラルキー)が我々の中で受け入れられたのであったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です