現在のUNISECには予算が少ない。各団体にはそれぞれ強みがあるけれども連携が薄い。十分に生かされていない。UNISECからベンチャー企業(UNISEc)を立ち上げて資金調達をしたい
1ヶ月以内:データベース化。施設、各団体の強み、失敗談。輸出手続き、周波数調整、環境試験結果、部品の供給元、部品の使用感想。技術の継承にも繋がる。
1年以内:部品のまとめ買いでコスト削減。コンポーネットの共通化検討。
それ以降:起業家、CM作成、外部からミッションを受注(衛星・ロケット)JAXAなどを超える魅力的な就職先に。開発担当学生にバイト代。
効果:資金調達が可能、UNISECを知って貰える、学生により宇宙を身近に感じて貰える。資金は参加団体に還元。

・Lグループ UNISEc設立に向けて

Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です