月や火星に米国の覇権?――米国の新宇宙開発計画に懸念" data-hatena-bookmark-layout="simple-balloon" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

(秋山の個人的な感想)考えすぎ、という人も居るみたいですが、個人的にはこういう覇権主義的な事でもない限り、宇宙開発って進んで来れないのかなぁと思ったりしています。もちろんそれが良いと行っている訳じゃないんですけどね。そうではなくて、そういう覇権主義に頼らずとも推進していく力を得られるように、もっともっと、経済ベースに乗った開発が必要なんじゃないかというのが、僕の意見です。具体的にはどうするか?というとこれは難しい問題で、たとえば太陽発電衛星は様々な批判もありますが、そのあたりの具体策を提示しているという、少なくともその点は、高く評価するに値すると思っています。

月や火星に米国の覇権?――米国の新宇宙開発計画に懸念

Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です