11/22,23とUNISEC WSが秋田大で開催され、もともと誘致してきた責任を取って(?)、私も運営側で参加してきました。2日間、大変疲れたけど、楽しく実りの多かった会合でした。特に準備に奔走してくれた秋田大の諸君、お疲れ様でした。実際、いったんこうやって秋田大を離れてみて思うことは、諸君は、日本の他の団体の中でも上位の良いチームとして機能しているということです。その昔、東海大でWSが開催されたときには、東海大の統率の取れた行動に感動したもので、秋田大在職中は、東海大が一つの目標でした。しかし今回はつくづく、秋田大が越えるべき目標になっていると実感しました。ホントお疲れさん。
ところで今回のWSでは、自民党からは秋元司議員、民主党からは内藤正光議員に御参加いただき、宇宙基本法に関してお話しを伺う機会を得ました。これは宇宙基本法の成立により、日本の宇宙開発が官主導から政治主導に変わったことに鑑み、宇宙活動法制定前夜において、政治が宇宙開発をどのように考えているのか、生の声を学生に届けたいとの思いから実現したものです。交通費すらほとんど出せないような状況で、秋田にまで足を運んでくださり、大変ありがとうございました。また今回の企画の実現に当たっては、民主党の細野豪志議員、自民党の西村康稔議員には大変御世話になりました。この場をお借りして、御礼申し上げます。
今回の討論は、私個人としても非常に参考になったし、また広く世に知ってもらうべき内容が含まれていると思ったので以下、記載。以下の内容が意味することに関しては、WS参加者は私がその場でも協調しながら説明したのでわかると思いますので、ここでは私の解説はあえて省きます。考えてみてください。
重要なポイントは以下の3点。
まず、宇宙基本法を立ち上げた段階で、自民・民主両党とも、きちんと国策を考えた上で宇宙政策を考えていこうという強い意志があると言うこと。このために、政府の下に出来た宇宙戦略本部と別に、自民・民主からそれぞれ10名づつを出し、宇宙基本法フォローアップ委員会を組織して精力的に戦略策定を行っていること。そして現段階でまだその意見は固まりきっておらず、2年以内に制定が見込まれる「宇宙活動法」にむけて、十分な調査がまさに現在行われていると言うことです。
次ぎに宇宙基本法が両党の共同提案として提出されてスピード成立した背景には、「宇宙」を国の基幹産業にする意思が両党にある、と言うこと。その為にはやはり「需要」が必要であり、国として必要な処置を取る、と言うことです。ただし、これが大型ロケット・衛星メーカに流れて終わりになるのか、あるいは新しい宇宙産業にきちんと流れるのか。このあたりはまだまだ流動的です。
最後により具体的な話しになりますが、GX計画は継続する、ということです。これは明確に語られませんでしたが、私はそう感じたし、実際翌日には、こんなタイムリーなニュースが出てますね。これにより年間180億円×5年間が投資されると思います。もっともこの決定に至った背景は両党で少し違いがありそうでした。まず、小型衛星の打上能力を日本として確保する事に関しては、両党とも異存が無さそうです。トンクラスの衛星ではなく、400〜500kg程度の衛星打上需要が今後増えていくのでは?と思われている節が見受けられました(また実際に、私個人としても其所の部分はあながち間違っているとは思いません)。問題はそこから先で、ここからは私の感じになりますが、自民党は「だからGXで行くべし」と思っているように感じました。一方、民主党は「GXはいったん辞めてご破算にして、もう少し別ルートでこの問題を考えてみても良いのではないか?」と考えているようです。しかしそれは「何が何でもGX反対」と思っているわけではなく、また加えて、「炭化水素燃料のロケット開発に関して日本が有しているアドバンテージは保持したい」という思惑も見え隠れします(これはおそらく松浦さんのこの辺の記事が影響して居るんでしょうね)。その為、自民党の主張にも真っ向から反対というわけでなく、自民がそこまでいうなら、ま、良いか、と思っているのでは?と思いました。
この3つの点、特に前2つは、今後の我々の活動を考える上で、非常に重要なポイントを含んだ情報だと私は思います。それからもう一点。政策決定が官から政に映った事に関して、「これからは誰がその国策を提示したのか、顔が明示的に示される」事を私はかなり協調したのですが、秋元さん、内藤さんとも、それに対しては「もちろんその通り。我々がきっちり責任を取って国益を踏まえて宇宙開発戦略を進めていく」との強い意志を示されていました。また、「意見があるならどんどん言って来い。意見を上げることも重要な参加姿勢の一つ」というお話しもありました。これらは今後の日本の宇宙開発を考える上では、非常に明るい情報だと思いました。
以上です。みなさんのお役に立つ情報としてください。

・宇宙基本法が作り出す近未来 その1

Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です