いや、といっても、どっちかというと悪夢?の部類か。大学受験の夢はよく見るんだけど、今回のは初めてのパターン。非常に珍しい(^_^;
夢の中で、僕はずっと昔にいた、某ゼネコンの研究所に戻ってきている。座席は一番後。(つまりは一番下っ端)。いくつか上に、後輩が係長で座っている。まぁそんなことは良いのだが、、、やることがない(笑)
自分でも良くわかんないんだけど、格安なぞうきんのタオル生地の調査のための出張依頼とかを出して人事に睨まれたりしている(^_^;
とりあえず席に座っていても、さて、何をしたらよいのか、よーわからんぞ??とか思っている。
いずれ会社は辞めなきゃなぁ・・・などと考えたり。
で、なんじゃこの夢は?と目が覚めた。ぅー。意味不明・・・(^_^;

まぁ思い当たらない節もないではない。実は和歌山に来て、学生の宇宙教育と並んで、一番力を入れようとしているのは、民間宇宙港の誘致活動である。この間も、「考えてみればそんなことを仕事として大まじめに語れる部署にはじめてきたなぁ」と、自分の人生の紆余曲折ぶり(あつよさんに言わせると右往左往ぶり)に感嘆したものであった。その反動でこんな夢見たのかな?
とりあえず、今日は日曜だけど、こんな仕事を出来ることを感謝して、出社することにけてーい。がんばろう。頑張ります。
ちなみに民間宇宙港は、実はゼネコンにいたときもちょっとやりかけたんですけどね。頓挫しちゃいましたが。。。。
今度のチャレンジは、前回のようには頓挫させないぞ、っと。

・夢を見た

Post navigation


2 thoughts on “・夢を見た

  1. ブログ復活、おめでとうございます。これからも夢に向かって突き進んでください。秋山さんの夢は私の夢でもあります。私も宇宙に行きたい!方法もやり方もわからないけど、「いい年なんだから」というような理由だけでこの夢をあきらめたくない!私でお役に立てることだったら、どんどん言ってください。よろしくお願いします。

  2. 早速の書き込み、どうもありがとうございます!
    秋田と和歌山。離れてしまってなかなか会えなくなったのが残念ですが、別の視点で見れば、秋田と和歌山の2点でいろんな事を起こせるようになったとも言えます。日本中を沸かせられるような、そんなことを一緒にやりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です