ぇー。最近こんな記事が出てますが。

で、まぁさいしょはこれで、その後がこれとかこれとかこれとか。ま、ここの議論なんかもですけどね。

僕がここで何を言いたいかというとですね。えーと、特に学生諸君。耳の穴、かっぽじって聞いてください。いや、目をひんむいて読んでください、かな。

いくら君に先見の明があっても、実現できる実力がなければなーーーんんの意味も無い。ゼロです、ゼロ、はい。

ちゅうことですよ、ハイ。よく見て、よく聞いて、よく考えれば、いろんな事はわかってくる。まぁ例えるならそれはマイクロフトの役回りですな。シャーロックの偉大なところは、あえて社会と係わることによって、現実に結実させるところなわけです。何故、あの物語がマイクロフト・ホームズの冒険ではなく、シャーロック・ホームズの冒険なのかといえば、そういう事です。竹林の七賢なんてのは、全く意味がない。一生竹林に籠もってろよ、と。

まぁしかし、たっぷり6年近くは無駄に時間を過ごしていますが、誰の目にもその戦略の意味がわかってきたとしたら、進めやすいけどね。もっとももう一歩進めた戦略を、ここは考えるべきなんだけど。仮にも宇宙『政策』を勉強するなら、そこまで考えを至らせるべきだと僕は思います。

・何の意味もない

Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です