久々に1日、家に籠もった。昨日がロケットの打上日で、今日はその予備日だったので、昨日打ち上がったから今日は予定無し。もちろん仕事が溜まってるから働いても良かったんだけど、色々とあって気力も沸かないので、1日ぼーっとすることに決定。
野尻さんの所にも書いたけど、北朝鮮の技術者は今、どんな気持なんだろう?もちろん彼等は自分達の衛星が上がらなかったのを知っている。でも、国策として「衛星打上成功!」と喧伝されている。世界中から白眼視され、それでも北朝鮮に産まれた人間として、宇宙を目指す人間として、仮に他国の上空を横切り、危険を押しつけることになったとしても、これしか方法がない。そんな風に考えたのも理解できなくはない。もちろん彼等を擁護するつもりはさらさら無いが、いろんな矛盾に目をつむり、邁進してきて、結果、またもや失敗。どんな気持で今日の夜を迎えているのだろうか、彼等は?

彼等は、上からの命令が無ければ、辞めちゃうんだろうか?上に反対されても、また打ち上げを目指すのだろうか?どんな人達なんだろう?

言われた仕事をきっちりやる。それはもちろん重要な仕事。でも、誰にも言われていないけど、自分が信じるからそれをやる。それもとても重要な仕事だと、僕は思う。前者と後者の違いは何かといわれれば、前者は応援してくれる人が居ることかな。それを理解する周りの人達が居る。そういう帰属意識って、多分、とても幸せなものだとおもう。
後者は。。。場合によっては誰にも理解されなかったりする。でも、自分だけはそれを信じてやる。どう考えても、そして心の底から、自分のやっていることを信じていても。。。周りからずっと理解されないままで居続けると、それはとても辛い事だ。

我々はいろんな地面の上で、いろんな空に懐かれながら、今日も、それぞれが生きている。
お疲れ様。また明日を生きよう。

・ぼーっと考える

Post navigation


One thought on “・ぼーっと考える

  1.  初めてのコメントで失礼しますm(_ _)m。
     4月7日午後7時の公共放送で流れた打上げ動画はものすごく短いものでしたがとてもきれいな打上げの絵でした。
     近いか遠いか判りませんがいつか未来に,亜細亜宇宙機関のような組織ができ,かの国も一緒になって宇宙開発が行える日が来ることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です