またNASAもスターダストで同様の速度で地球へのリエントリーを試みています。化学エンジンによる減速・エアロブレーキによる減速が非現実的とすれば、この速度でのリエントリーを可能にすることは、必要不可欠な技術なのです。そしてこの技術を成熟させることは、今後の日本の宇宙開発にとって非常に重要となるキーテクノロジーになることは間違い在りません。

Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です