たとえば一昨日、JAXAのとある若手の方と飲んでいたのだが、「結局、秋山さんは何がダメだったって言ってるんですか?H2Aですか?H2Bですか?準天頂ですか?ひまわりですか?」と聞かれた。しかし、そもそもその発想がダメダメなのだ、とその場で答えた。彼が言ってるのは戦術論でしかない。しかし、今の日本が直面しているのは、戦略的な問題なのだ。日本が何故、宇宙開発を続けなければならないのか?また続けるとすれば、どのような戦略をとらないと続けられないのか?そこが全てだ。その先に、具体的な手法として、ようやく戦術論が来る。この部分を是非、理解して欲しい。JAXA側が戦術論に拘泥せず、もっと広い視野で戦略論が議論できるのか?「やらなきゃいけないから欲しい物はください」といった思想を捨てて、「必要だけどリソースが限られているのだから取捨選択(宇宙分野の中での取捨選択じゃないですよ?日本としての、国全体の取捨選択ですよ?)の結果として宇宙を残す」方策を提示できるのか?そこが一番の重要点だ。

Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です