たとえば、文科省側が今後の宇宙開発の発展の道筋を示せるのであれば、別に文科省の下でやるのでも全然問題ない。僕自身は少なくともそう考えている。しかし今やってるのは、「これは経産が文科から権限奪取のために始めた動きだから、最初からその土俵には乗らない」という事に他ならない。そしてこのままのらりくらりと買わし続ければ、そのうち有識者会議も消えるし政治家も替わる。残るのは官僚だけ。だから元の鞘に収められる。そんな思惑が見え隠れする。しかしそれで良いのだろうか?

Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です